野生と優雅さが共存する、公爵ご自慢の赤ワイン《ドミニオ エル・リンコン》
商品コード:
mad_01

野生と優雅さが共存する、公爵ご自慢の赤ワイン《ドミニオ エル・リンコン》

通常価格(税込):
4,276
販売価格(税込):
3,480
ポイント: 32 Pt
関連カテゴリ:
■■■ 価格で選ぶ > 3,000円〜
■■■ 種類で選ぶ > 赤ワイン
■■■ 地域で選ぶ > D.O. ビノス・デ・マドリード Vinos de Madreid
■野趣豊かなシラーの味を堪能してください。
深みのある際立った暗紅色。野生とエレガントが共存する複雑なアロマが特徴。熟したプラムのような果実、スミレの花、キャラメルの香りに、ミネラル感や軽いスパイスを感じる。口に含むと複雑でバランスのとれた味わいが口いっぱいに広がります。たくさんの果実を感じる素晴らしいバランスと複雑さ、深みがありシルクのようなタンニンがあり、余韻も長続きします。
ブドウ品種はシラー90%、ガルナッチャ10%。醸造は25~28℃の温度でステンレスタンク10~14日発酵、マロラクティック発酵15日間。熟成はフレンチオーク(アリエール、ヌヴェール産の新樽33%、1年使用33%、2年使用33%)で12ヶ月、その後、1年間瓶熟成。ボトリング時、清澄・フィルタリングは行っていません。アルコール度は14.5%。
畑の名称である「エル・リンコン」は、スペイン語で狭い土地を意味します。

■首都マドリードの近くにあった銘醸地
エル・リンコンの畑は、マドリードから54Km離れたアルデア・デル・フレスノに位置します。1850年にホセ・マンサネード伯爵によって購入された土地です。ガルナチャ・ティンタ、ガルナチャ・ティントレラの植えられた畑面積は、20世紀にその多くが失ってしまったものの、19世紀には100haにも及んだといいます。1994年、ドミニオ・デ・バルデプーサのオーナーであるカルロス・ファルコが叔母のパロマ・ファルコ・マンサネード伯爵夫人よりその所有権を譲り受け、1999年にここをメインの邸宅としました。ブドウ畑はトレドのドミニオ・デ・バルデプーサと同様のシステムを導入した垣根仕立てにし、丹精込めた繊細な手入れと最新の技術によってつくられるワインは、バランスのとれた申し分のない出来となっています。
ブドウの房や葉に十分な日照が当たるようにキャノピーマネジメントを行っています。また、畑はドミニオ・デ・バルデプーサの畑同様、制限灌漑(RDI)、部分灌漑(PRD)、SDI(地中点滴灌漑)など様々な最新の灌漑技術を導入しています。土中の水分含有量のモニタリングや、葡萄樹の水分ストレスをセンサーを使ってリアルタイムで観察しています。葡萄の収穫は手摘みで行います。発酵と醸しは4週間と長めに行います。その後、225Lのアリエ産のフレンチオーク樽で10ヶ月熟成させます。清澄、濾過をせずにボトリングします。熟したプラムやスミレ、キャラメルの複雑でエレガントなノートにミネラルやかすかにスパイスが混ざるアロマ。複雑さがあり、素晴らしくバランスが良く、たっぷりの熟した果実、やわらかく深みのあるタンニンが感じられます。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。